top of page

​ピップなカバ林

40年生の白樺の人工林。

短命な白樺。寿命を迎える前に、他の樹木をたくさん生やして、ミズナラやキハダ、ホオノキなどが混ざって生える活力ある天然林を目指す。

里山部の林産物である白樺樹皮や、枝のメインの産地であり、若い木から間伐し、空いた空間のササ刈りも行う。

出入り口をわざとわかりにくい仕様にしている。

花粉症の方は、春から夏にかけては入らない方が良い。

道は周回できるため、迷うことはない。

季節ごとに山菜が出てくるのも嬉しいポイント。

​車で入山できるため、荷物の出し入れも楽。

里山部フィールド.jpg
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1
bottom of page