​森林作業道の開設

森に入るための、小さな、わくわくするような小路を開設します。

★みちの特徴★

1、主に現地にあるものだけで開設します。

   丸太や砂利などは持ってこないで、必要な材料は極力現地調達をします。

2、道幅は1.5m~2.5mが基本です。

   木を伐る本数がとても少ないので、いままでの森林を維持しながら、軽トラックが負担なく

   入れるイメージです。

3、長い年月放置をすると、自然に森林へと還ります。

★どんな時に必要か★

1、森に車で入りたい。

   子どもたちと森遊びする際の緊急車両の配備や、自分で木を伐りだして運ぶなどの活動が

  可能になります。

2、安全に散歩したい。

   見通しが良く、手入れもしやすくなるため、快適に散策ができます。

★開設手順★

1、具体的なお話を聞き、現地調査をし、お見積りを提出します。

2、お客様の要望(ここを通したい、この木は大切にしたい等)を聞きながら、候補となる道を決めていきます

 ※開設が不可能な場合もあります。超急傾斜、土質が岩盤が多い、湧き水が常にある等。

3、小型のユンボ(3t~5t)により、開設をはじめます。

※もろもろ細かい点(伐採した樹木利用、メンテナンス等)や質問などは打ち合わせ時にじっくり受け付けます。

お問い合わせ・申し込み

電話は090-9755-0432 清水まで。

​メールでは下記から